地成康の建築事例 詳細

青梅市:C様邸

家造りのコンセプト

古い骨組みを活かしたリフォーム

成康からのコメント

30年ほど前に建てた家の老朽化に伴い、リフォームしました。
お宅を拝見したところ、確かに、壁や窓、内装などは古くなっていましたが、奥の骨組みはまだしっかりしていて、元気でした。
せっかくならば、この骨組みを活かしてみてはどうかと思い、新築ではなくリフォームを提案しました。
ご夫婦も、骨組みがまだ充分に使えることや、新築よりも費用も少なくて済むということ、何よりも愛着のある家を全て壊さなくてもすむ、ということが分かって喜んでくださり、こちらの提案を受け入れてくれました。
ご主人によると「自分たちが居なくなった後も、子供や孫に住み継いでいってほしい」とのことでしたので、「永く使える家」ということを意識しながら、無垢材・自然素材をふんだんに使って仕上げました。備え付けの靴箱は、職人に依るオリジナルのものです

次へ

  • ページの先頭へ戻る

メールでのご相談はこちらから