資金計画から土地探し、アフターケアまで

成康工務店では、新築の家づくりを資金計画から土地探し、アフターケアまで一貫してサポートいたします。お金のことや法的な手続きのことなど、家づくりに関することならどんなことでもお手伝い・アドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

資金計画

家づくりは、まず資金計画を立てることから始まります。「なんとなく、これくらいかな?」と大ざっぱに見積もったご予算では過不足が生まれることもありますので、成康ではしっかりとした資金計画を立てられるよう、ヒアリングを重視。お客様にとっての「適切な予算配分」をご提案したうえで、4,800種類が存在すると言われる住宅ローンから最適なプランをご紹介します。

補助金・補助制度もご案内します

成康では、家づくりにおける補助金や補助制度のご案内も行っています。

【成康でご案内している補助金・補助制度の例】

武蔵住宅研究会補助金

成康は「武蔵住宅研究会」に所属しており、西川材と多摩産材を使用した長期優良住宅の建築において100万円の補助金が交付されます。

木材利用ポイント

国産の木材を使用した家づくりでは「木材利用ポイント」が支給され、家具や地域の食料品、商品券、旅行券などさまざまなものと交換可能です。成康の家づくりでは、ほとんどの場合で満額の60万円相当のポイントが支給されます。

土地探し

家づくりをスタートする前に土地を買ってしまわれる方が、ごくたまにいらっしゃいます。しかし土地の費用は資金計画の一部。土地をお持ちでない場合は、まず土地の購入前にご相談いただければと思います。成康はお客様に適切な資金計画をご案内したうえで、信頼できる不動産屋パートナーをご紹介します。候補の土地まで同行して、家づくりのプロとしてアドバイスすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

設計

成康と連携している経験豊富な設計士をご紹介します。もちろんご希望の設計士がいらっしゃる場合は対応可能な場合もありますので、ご相談ください。成康と連携している設計士の場合、図面の段階から設計士が同席しますので、お客様の想いや希望を細かくお伝えいただけます。

その際には、成康も長年自然素材の家をつくり続けてきた知識と経験から、「木の家ならこんなふうにつくるとより良くなる」といった提案をさせていただきます。関わる人すべてが一丸となって、チームとしてひとつの「作品」を創り上げるような家づくりが成康の本領です。

アフターケア

木は生き物です。木材として住まいの一部になったあとも、表面に割れができたり、歪んだりすることもあります。成康は「住まいを建ててからが“第2のお付き合い”の始まり」と考え、築後2年は毎年点検・メンテナンスにうかがいます。これまで住まい全体の出来が問題となったことは一度もありませんが、木が生き物ならではの歪みを見せていた場合には素早く矯正。末永くお住まいいただける、安定した家へと育てていきます。

また、自然素材の家をキレイに、快適にお使いいただくためのメンテナンス学習会を実施しているほか、そもそもなるべく少ないメンテナンスでお使いいただけるよう設計することも可能ですので、「手入れがちゃんとできるか不安」とお考えの方もご安心ください。

成康の新築事例はこちらから

  • ページの先頭へ戻る

メールでのご相談はこちらから